前へ
次へ

親のアレルギーは、赤ちゃんに遺伝するのか

親がアレルギーを持ち合わせていたとするならば、赤ちゃんを産む際に、赤ちゃんにも遺伝しているのではない

more

アレルギーは急に発症するため要注意

アレルギーは、突然発症する可能性があります。
今まで食べていた物に含まれる物質が急にアレルゲン

more

辛いアレルギー症状を緩和したい

一昔前に比べて、「アレルギー」という言葉をよく耳にするようになりました。
最近の一番代表的なも

more

うちの息子のアレルギー

私の息子には食物アレルギーがあります。
それが明らかになったのは赤ちゃんの時期に離乳食を与えたときでした。
ヨーグルトにバナナを混ぜたものを与えたり、パンがゆを作るといつも蕁麻疹が出ていたのです。
大きく吐いてしまったときもあり、顔の半分以上に蕁麻疹が出てしまったこともありました。
すぐに拭いて病院に電話をし、対応してもらったこともあります。
息子の場合はしっかりとその後病院で対応してもらうことができ、その後は除去の指導とかを受けることもできたおかげで、大きなトラブルが起きることもなく成長していくことができました。
また、何かあった時はすぐに病院で対応してもらうことができたので、親としても非常に安心だったのを覚えています。

広島市中区の矯正歯科といえばここしかないでしょう

安心して治療が受けられる行徳の歯医者
大学機関と連携し、専門性の高い医師が在籍しているので、どんな歯の不調も安心してまかせられます。

草加市の総合歯医者「草加東口歯科クリニック」
虫歯治療からホワイトニングまで歯のこと何でもご対応します

インビザラインに関するカウンセリングを受けるなら大阪の心斎橋デンタルクリニック
それぞれの患者様に合った治療ができるようしっかりとお話をお聞きします

子どものアレルギーというのは決して珍しいものではないし、今ではその問題を抱えているお子さんも少なくありません。
食事に関しても配慮されたメニューも用意されているので、どこかに遊びに行ったときでも外食を楽しむことだって決して不可能ではないと感じています。
ただ、実際に我が子のアレルギー対応をしていて、情報がどれだけあってもすごく不安だと感じることがありました。
目の前で苦しんでいる姿を見ると、どうしても冷静にいられない自分がそこにはいました。
現在は息子も大きくなり、胃腸も成長していったのでほとんどアレルギー症状が出ることはなく、何でも食べることができるようになっています。
しかしまだサッカーの試合とかでかなり疲れてしまったときは、卵や乳製品を摂取すると背中に蕁麻疹が出てしまうこともあります。
ただ前とは違い、今は自分の症状に関して話をすることができます。
とはいえやはり心配なので、まだ生卵などは与えることができていません。
ということで、息子の今の夢は、食べたことがない卵かけご飯を食べることなのですが、親としては早くその夢が叶えてあげたいのですが、まだまだ心配な自分もおり、なかなか食べさせてあげられない状態です。

Page Top