前へ
次へ

妊娠中にアレルギー症状が現れる原因と対策

妊娠中は、割と花粉症などのアレルギーが現れやすくなると言われています。
そのアレルギーの原因の中には、女性ホルモンなどの増加など、今まで体験していない体の変化が、防衛本能を強め免疫系に作用し、過剰に働きやすくなるからです。
妊娠中は、胎児を守る意識も高まりやすく、何かと神経を過敏に働かせる状況なども現れやすくなるでしょう。
その気持ちが、免疫系に強く働いている場合もあるのです。
花粉症などを和らげる薬が市販されていますが、購入する際は、薬剤師に妊娠中である事実を伝えておきましょう。
市販されている花粉症を抑える薬の中には、胎児に望ましく無い成分が入っている場合もあるためです。
アレルギー起こす花粉症は、その症状自体がストレスにもなりかねません。
そのため、花粉対策を行うのが望ましく、マスクをして外出するのもポイントです。
外出から帰ってきた際は、花粉を落としのも良い方法ですが、いっそうの事、新しい衣類に着替えた方が気持ちの上でもお勧めです。

Page Top