前へ
次へ

季節性のアレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎は、通年性と季節性があります。
通年性の場合、主な原因はハウスダストやダニであると言われているため、室内の清掃を徹底することが大切です。
職場はホコリが溜まりやすい空間であるので、清浄機を個別に設置したり、マスクを使うなどして対策を取る必要があります。
他方、季節性のアレルギー性鼻炎の場合、花粉が原因であると考えられています。
杉やヒノキが主な原因であり、季節が到来するとアレルギー性鼻炎の症状を発症し、くしゃみや鼻詰まりに悩まされます。
季節性アレルギー性鼻炎の場合は、薬で症状を抑えることができます。
薬を飲めば症状が和らぎ、普通に生活することができます。
もし、薬が効かずに症状が悪化して改善の見込みがない場合には、最近では手術という方法があります。
鼻の粘膜を焼く事により、症状を改善することができます。
どうしても治らなくて困っている場合には、一度かかりつけの耳鼻科医に相談してみることです。

Page Top